肩こりが30秒でほぐれる?あべこべ体操のやり方と効果

2017-11-02

「肩こりがあっという間に軽くなればいいのに」と思ったことはありますか?

これから、ほんの数分間で肩こりが楽になる体操を紹介しますね。

その名も「あべこべ体操」。

からだの一部をまさに「あべこべ」に動かすことが特徴です。

Youtubeでも大人気で、「30秒で肩こりがよくなる」と評判の動画は、450万回以上も再生されています(2017年現在)。

私もその動画(ニューストレッチプログラム#6)を視聴しながら、からだを動かしてみましたが、びっくりするほど短時間でコリが楽になりました。首にジワーっと血が通って、肩もスッと力が抜けた感じです。

これは言葉で理解するよりも、体感した方が分かりやすいですね。

まずは動画をご覧ください。

30秒で首がほぐれる。あべこべ体操のやり方。

上の動画が、「30秒で首がほぐれて柔らかくなる」と評判の動画です。

一連の動きを言葉にすると、以下の通りになります。

参考にしてくださいね。

最初に、自分の状態をチェック

1. 椅子に楽に腰かけます。
2. 天井を見上げます。
3. 下を見てお臍を覗き込みます。
4. 頭をゆっくり回します。

ベースの動き

1. 頭の後ろで両手を組みます。
2. 肘を開きながら天井を見上げます。背中は反らします。
3. 肘を閉じながらお臍を覗き込みます。背中は丸めます。

1つ目の動き「目と頭を逆に」

1. 頭の後ろで両手を組みます。
2. 肘を開きながら天井を見上げます。背中は反らします。
このとき、目は下にもっていきます。
3. 肘を閉じながらお臍を覗き込みます。背中は丸めます。
このとき、目は上にもっていきます。

※ 2~3を、5回繰り返します。

2つ目の動き「頭と背中を逆に」

1. 頭の後ろで両手を組みます。
2. 肘を開きながら天井を見上げます。
このとき、背中は丸めます。
3. 肘を閉じながらお臍を覗き込みます。
このとき、背中は反らします。

※ 2~3を、5回繰り返します。

3つ目の動き「お尻フリフリ」

1.右手を頭のてっぺんから回して、指先を左耳にひっかけます。顔を右に倒してください。
2.右のお尻を持ち上げます。左のお尻に重さをかけてください。
3.左のお尻を持ち上げます。右のお尻に重さをかけてください。

※2~3を5回繰り返したら、次は左手で右耳をさわりながら、同じことをします。

最後に、自分の状態をチェック

1. 椅子に楽に腰かけます。
2. 天井を見上げます。
3. 下を見てお臍を覗き込みます。
4. 頭をゆっくり回します。

いかがですか?

最初と比べると、首や肩が楽になっているのではないでしょうか。

 

「あべこべ体操」初挑戦した感想は?

私もパソコンを見ながら、あべこべ体操に挑戦してみました。

やり方は簡単。だけど、実際にやってみるのは難しかったです。

「あれ?顔を下に向けるのに、目は上に向けるの?」
「うそ?おへそを見ながら、背中を反らすなんて…」
「え?右のお尻を持ち上げながら、左のお尻に重さをかける???」

こんな風に、動画をチラチラ見ながら、必死に動きを真似しようとするのに、からだが言うことを聞いてくれません。頭のなかはクエスチョンマークが飛び交って、まさに思考まであべこべに。

そんな不器用な私でも、体操をやり終えた後は、不思議とスッキリ。

「ああ、首から肩にかけて、血が通っている……」と、実感しました。

もちろん30秒では肩こりは楽になりません(笑)でも、8分くらいの動画を観ながら、からだを動かして、これだけ楽になれるのは驚きでした。

* * *

ところで以前このブログで、10秒で肩こりが楽になる方法を紹介しました。

「さとう式リンパケア」についてです。

その時の記事は、こちら↓↓↓

「どちらが簡単?」と聞かれたら、「さとう式リンパケア」と答えます。

でも「やりとげた!」という実感は、「あべこべ体操」の方が強いですね。あまり上手く動けないのに、それでも肩こりが楽になったのが不思議です。

 

あべこべ体操の効果は?

最後に、「あべこべ体操」についてもう少し詳しく説明しますね。

「あべこべ体操」は、まずは基本となる“自然な動き”を行って、その後で“非日常的な動き”をして、身体の一部分を左右や上下に向けてそれぞれ逆方向に動かすのが特徴です。

ハードなストレッチではなく、ゆっくりとした動きを心地よく繰り返すうちに、筋肉がゆるんで、緊張がとけて、コリもほぐれていきます。

「あべこべ体操」を生み出したのは、北洞誠一さん。動画にも登場していますね。

「フェルデンクライスメソッド」という、イスラエルの物理学者によって考案された身体改善法をベースに、さまさまな健康法を加えてできたのが、「あべこべ体操」です。

効果としては、以下のことが望めます。

• 柔軟性が増します。
• 動きが滑らかになります。
• 身体が軽くなります。
• 器用さが身に付きます
• 筋肉のこりやはりが軽くなります。
• 痛みが軽減します。
• 脳が活性化されます。

引用元:あべこべ体操(公式サイト)

身も心も、あかちゃんのように柔らかくほぐしたいとき。

ぜひ試してみてくださいね。

☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク