肩こりには生姜がおすすめ。5つの効能で体もポカポカに。

2017-10-21

entry93-001.jpg

 

風当たりが冷たくなると、肩の辺りの筋肉がキュッと緊張して、血行も悪くなりがち。

コリを感じることもあるのではないでしょうか。

肌寒いと温かなものを口にして、ほっと一息つきたくなりますよね。

そんな時にお勧めなのが、「生姜湯」です。

お店でもパッケージされた粉末のものが売られていますが、自分でも簡単に作ることができますよ。

これから、生姜湯の作り方と、生姜のもつ嬉しい効能について紹介しますね。

生姜湯の作り方

これから生姜湯の簡単な作り方を説明しますね。
用意するものは3つ、手順も3ステップという単純さです。

用意するもの

・生姜(すりおろして、小さじ2)
・ハチミツ(大さじ1)⇒黒糖でもOK
・お湯(150ml)
entry93-02.jpg

手順

1) 生姜をおろし器ですります。生姜の皮にも有効成分が含まれていますので、?かないですりおろすといいです。
entry93-03.jpg

2) 生姜とハチミツをマグカップに入れます。
entry93-04.jpg

3) マグカップにお湯を注いで、かきまぜたら出来上がり。
entry94-05.jpg

※生姜の辛さや匂いが苦手な場合は、レモン汁を加えるといいかもしれません。

レモンの酸味が、生姜の臭みを中和してくれます。

ポイント

 生姜はわざわざ、すりおろさないとダメ?

 生姜を薄切りにしたものや、みじん切りにしたものでも効果はあります。ただ、効果を最大限に生かすには、すりおろしたものがベストです。

 やっぱりすりおろすのが面倒。チューブの生姜でもOK?

 チューブの生姜でも作れます。でも、効果や風味を考えると、生の生姜がおすすめです。

 

生姜湯の感想は?

ブログを書くにあたって、私も生姜湯を作って飲んでみました。

最初口にしたとき、指先からジワジワと温かさが広がって、額がうっすらと汗ばむような感じがしました。

10日間ほど毎日のように飲み続けたら、気温がガクンと下がった時も、身体が楽に対応することができました。いつもなら寒くなると肩をキュッとすぼめがちなのに、それも和らいだ気がします。

さすがに肩こりがすぐに楽になるというような、即効性はありません。

それでも生姜湯を飲み続けていったら、冷えも取れて、コリもほぐれやすくなると思いました。

自分で筋肉を触ってみると分かると思いますが、冷えきっているときと温まっているときでは、後者の方が断然ほぐれやすいですよね。運動前にウォームアップしたり、お風呂上りにマッサージするもの、身体を温めた方が筋肉の伸びがいいからだと思います。

その点、生姜湯は身体を芯から温めるので、おすすめです。

 

生姜の嬉しい5つの効能

「生姜を食べると身体が温まる」とよく言われていますよね。しかし、生姜の効能はそれだけではありません。
主な効能を5つ、簡単に説明しますね。

1. 血行を良くして代謝アップ
2. 免疫力アップ
3. アンチエイジング
4. ダイエット効果
5. むくみの解消

1.血行を良くして代謝アップ

生姜に含まれている「ジンゲロール」という成分は、血行を良くして新陳代謝を活発にしてくれます。

生姜に熱を加えると、「ジンゲロール」は「ショウガオール」という成分に変化して、よりより体の中心から温める効果が。

血行が良くなり代謝が上がれば、筋肉にたまったコリもほぐれやすくなりますよ。

2.免疫力アップ

生姜のもつ「ジンゲロール」という成分は、免疫力を高める効果があります。

免疫細胞が活性化して、わたしたちを細菌やウィルスから守ってくれます。

ただしこの「ジンゲロール」……生姜を生で摂取することで得られる成分なんですよね。「ジンゲロール」は体を冷やす性質があるので、注意が必要かもしれません。

「ジンゲロール」は加熱することで「ショウガオール」になります。「ショウガオール」は体を温める効果があるので、体温が上がれば免疫力も高まると言えます。

3.アンチエイジング

生姜に含まれる「ジンゲロール」や「ショウガオール」には、抗酸化作用があります。

身体をサビさせる活性酸素を、取り除いてくれる働きがあります。

細胞の老化を防いでくれますよ。

4.ダイエット効果

生姜は低カロリーで食物繊維も豊富。

食物繊維は腸での糖分や脂肪の吸収を抑えてくれます。便秘の解消にも役立ってくれますね。

生姜には代謝をアップする働きもあるため、エネルギーも消費されやすくなります。

5.むくみの解消

むくみというのは、身体に余分な水分が溜まっている状態。

生姜を食べることで、発汗作用や利尿作用も働きやすくなるので、余分な水分が排出されやすくなります。

体内の水分代謝を上がって、体で使われる水分量も増えることからも、むくみの解消が期待できます。

肩こりに悩むなら生姜がおすすめ

生姜湯の作り方と、生姜がもつ効能について紹介しました。

いかがでしたか?

もし肩こりや冷えに悩むなら、生姜を意識的に摂ることをお勧めします。

身体もポカポカ温まるし、筋肉もほぐれやすくなるでしょう。

こちらの記事でも、身体を芯から温める飲み物を紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク