もはや冗談ではないネット依存症の問題点

2017-10-22

パソコンを使う女性の手元

 

もはや身近な、ネット依存症について。

その起源と問題点について語っていきます。

「ネット依存症」という言葉は、はじめは冗談から発せられたものでした。

1995年、ニューヨークの精神科医であるイヴァン・ゴールドバーグさんが、「インターネット依存症の診断基準」というものをWeb上に発表したのがはじまりです。ゴールドバーグさんは、アメリカの精神医学会の診断基準の堅さをからかうために、「ネット依存症の基準」なんてものを発表したのです。

ところがそんなゴールドバーグさんさんのところに、「実際にこんな症状で困っています」といったメールがたくさん届くようになりました。

これには、当のゴールドバーグさんもびっくり。

それから約20年後。ネット依存症はどのような問題を生み出したでしょう?

 

ネット依存症の現状

今は社会技術が発展して、リアルとバーチャルの区別がつきにくい世の中になってきました。

昔はネットするなら、机にきちんと座って、パソコンに向かうという感じでした。ところが今は、ベットにごろんと寝転がって、スマホをいじってでも、サイトを飛び回れるようになってきました。

ネットは生活に溶け込んで、切り離しにくいものになっています。

2011年、NHKの「あさイチ」で、ネット依存症が特集されました。

ケータイのゲームに夢中になって、小さな子から目を離してけがをさせてしまったという30代女性。ネトゲに夢中になって、鍋に火をかけていることを忘れて、火事寸前になったという40代女性。等々……

そんな主婦層の声も、番組では寄せられています。

 

身近なネット依存症の例

私の身近に、こんな例があります。

私の男友達二人が、飲食店に入って、隣同士で座っているにも関わらず、ツイッターでお互い会話しあっているというのです。

その会話をリアルタイムでツイッターで見て、笑えなかったということがあります。

その男友達のうちの一人と、ある日帰りの電車で一緒になったことがありますが、彼は30分以上、一言もしゃべらずスマホをずっといじっていました。(私はその日、風邪を引いていて、マスクをしていたというのもありますが)

なんだか、さみしさというか、むなしさを感じたのを覚えています。

目の前にいるリアルな人よりも、バーチャルな世界でのつながりの方が、大事なんて。

バーチャルな世界にのめり込んで、健康に影響が出ないわけがありません。

知らず知らずのうちに、目が疲れて、首や肩がこって、身体が蝕まれていたなんてこともあるかもしれません。

 

ここで、あなたに質問します。

あなたは、リアルとバーチャルの区別がついていますか?

知らず知らずのうちに、バーチャルの世界にとらわれて、リアルをおろそかにしていませんか?

☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク