首こりに効くツボ2選。「天柱」と「風池」で仕事の疲れもスッキリ。

2017-10-21

 

パソコンに顔を突き合わせているうちに、首がどうしようもなく凝ることはありませんか?

スマホを俯き加減で見ていても、首が痛くなることもあるかもしれませんね。

そんな首こりに効くツボを2つ、紹介します。

「天柱」(てんちゅう)と「風池」(ふうち)というツボです。

私も仕事で疲れたとき、親指でこのツボをグーッと押すと、頭痛や疲れ目もスッキリするので、よく指圧しています。

今回紹介するツボは、デスクワークが多いあなたに、特におすすめです。

 

首こりもすっきり。「天柱」と「風池」のツボの位置と押し方。

ツボの位置

天柱風池も後頭部の髪の生え際にあります。

―天柱―
首の後ろの中央のくぼみの両脇に、太い筋肉が走っているのが分かりますか?その両脇の筋肉の、外側のくぼみに「天柱」はあります。

―風池―
首の後ろの中央のくぼみと、耳たぶの後ろの骨を結んだ線の中央に、「風池」はあります。大きくくぼんだところです。

ツボの押し方

天柱風池も、親指で押します。

残りの4本の指で頭を抱え込むと、さらに指圧しやすくなります。

3~5秒ほど押して、1秒休む。これをくり返すといいでしょう。

※ツボの押し方について、動画も見つけてきました。

 

ツボ押しは、仕事で忙しいときも気軽にできます。

首こりをスッキリ楽にする2つのツボ、天柱風池について紹介しました。

いかがでしたか?

ツボ押しのメリットは、いつでもどこでも気軽に押せること。

たとえば、仕事中に熱心にパソコンに文字を打ち込んでいて、

「ああ、首が凝ったなあ…」

と思っても、忙しすぎてゆっくり休む時間が持てないかもしれません。

そんなとき、首のツボを押すことは、とっさにできる対処法のひとつとなると思います。

私も最初は、ツボってとっつきにくいイメージがあったのですけど、いざやり方を覚えたら、その気持ちよさが病みつきになって、すっかり習慣になりました。

友達にも「これは天柱」「これは風池だよ」という風に、ツボの押し方を教えたら、たいてい喜ばれるんですよね。首や肩のコリに悩んでいる友達は、特に反応がいいです。

なのでこのブログでも度々、おすすめのツボをとり上げています。

最後になりますが、仕事で慌ただしくしているときでも指圧できるツボについて、他にもいくつか紹介しますね。

(もちろん家でくつろいでいる時に指圧してもOKです)

参考にしてくださいね。

☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク