夏の不調を解消したいあなたへ。リンパマッサージがおすすめです。

2017-10-21

この夏の不調から救ってくれた、リンパマッサージの魅力についてお伝えします。

夏ってただでさえ、体調が揺らぎがちですよね…

日差しで火照ったり、脱水症状を起こしそうになる反面、クーラーで芯から冷えることもあったりして、落ち着くことがありません。

特に今年(2017年)の8月は、全国的な異常気象。

例えば、東京都心では連続降水日数21日間を記録して、観測史上2番目の長さだそうです。

私の住む街でも雨の日が続いて、すっかり身体がまいりそうでした……

それでも、です。

最初にお話しした、リンパマッサージをすることにより、むくみやだるさがスッと取れました。

リンパマッサージについて、このブログでも何度か紹介していますが、まさかここまで実力があるとは思っていませんでした。

まだまだ、うだるような残暑は続きそう。

夏特有の体調不良を解消するきっかけを探しているあなたは、続きをチェックしてみてください。

リンパマッサージとは?「デトックス」と「免疫力アップ」をうながすマッサージ。

はじめに「リンパとは何か?」ということについてお話ししますね。

リンパ管は全身に張り巡らされていて、そこにはリンパ液が流れています。そして、身体のあちこちにリンパ節があって、リンパ液から不要なものを取り除いてくれます。

これらはまとめてリンパ系と言い、からだの「デトックス」「免疫力アップ」をうながしています。

そしてリンパの流れをよくする手助けをするのが、「リンパマッサージ」です。

リンパ節
(全身のリンパ節については、こちらの図を参照してください)

 

私は主に、手足と首回りをマッサージすることが多いです。

時間としては、ほんの数分間。

やり方としては、お風呂上りにアロマオイルを使って、自分の身体を掌で優しくマッサージします。

マッサージの詳しいやり方については、以下の記事にまとめているので、参考にしてくださいね。

 

この夏に体感。リンパマッサージの2つのメリット。

さて、この夏の暑い時期にリンパマッサージをしてみて、どうだったか。

まずは「むくみ」や「だるさ」が、スッキリと抜け落ちました。

それから「自律神経」のバランスもとれたのか、リラックスできました。

この2つのメリットは大きいです。

それぞれ項目に分けて、お話ししますね。

1.むくみやだるさが取れた

特にお盆明けは、ちょうど旅行から帰ってきたこともあって、ダルダル感がピークに達していました。

そんなこんなで、お風呂に入るのも面倒だったのですが、シャワーで済ませることなく半身浴をしてから、アロマオイルでリンパマッサージしました。

すると、溜まりに溜まっていた疲れが、嘘のようにスッと取れました。

ゆでたまごの殻がポロっと剥けて、ツヤツヤの白いボディが露わになったような、そんな気分。

お蔭さまで暑さがこもっている夜も、すっと眠りに落ちることもできました。

2.自律神経のバランスも取れた

雨の日は自律神経のバランスが乱れやすいことは、知っていますか?

詳しくはこちらの記事でもまとめています。

この夏は梅雨のような天気が続いて、なんだか自律神経のシーソーが揺れやすいような気がしました。

寝不足が続いて興奮気味かと思えば(交感神経優位)、後からどっと眠気に襲われるような感じです(副交感神経優位)。

それでも一日の終わりにリンパマッサージすることにより、精神的に落ち着くことができました。

このリラックスできる時間、とても貴重です。

 

リンパマッサージで夏の不調をすっきり解消

夏の終わりは、イベントの疲れが出やすい時期でもありますね。

残暑が厳しくて、寝苦しい夜もあるかもしれません。

そんな時におすすめしたいのが、リンパマッサージです。

もしマッサージオイルを持っていなかったとしても、例えばお風呂でマッサージしてみるのもいいかもしれませんね。

(ただし、のぼせやすい人は要注意です!)

リンパマッサージ、生活の一部として取り入れてみるのはいかがでしょうか。

☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク