女性肩こり

女性のからだの不調でも特に多いのが、肩こりや首こり。

私の同性の友達を見てみても、同じ肩こり仲間がほとんどで、凝っていない人を探す方が難しいです。

男性でも肩こりは起きますが、病院やマッサージに駆け込むのは、圧倒的に女性だそう。

実際の統計も見てみても、女性の自覚症状でもっとも多いのは、肩こりなんです。
(厚生労働省:平成19年・国民生活基礎調査より)

なんで、こんなに肩こり・首こり女子が多いのか、気になりませんか?
その原因を7つ、ひも解いてみました。


☆ブログランキング参加中☆
あなたの1クリックが、まほのビタミンです。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村

女性に「こり」が多い7つの理由


首の骨がまっすぐな人が多い


ストレートネックな女性が、最近増えているそうです。

ストレートネックというのは、首の骨(頸椎)の自然なカーブが失われて、直線になってしまうこと。
このような状態になると、首・肩・背中のコリ以外にも、頭痛やめまいなど、さまざまな症状が起こりやすくなります。

現代の女性は、デスクワークや家事などで前傾姿勢になることが多いことから、肩こりが起こりやすいみたいです。


男性と比べて筋力が弱い


首から肩にかけての筋肉は、重い頭と腕を支えています。その重さはなんと、約5~6キロ。
ところが、女性は男性に比べて筋肉が弱いため、疲れがどうしてもたまってしまうのです。

それから、運動不足も、筋力を弱くしていると言えますね。


血行が弱くて冷え性


冷え性の女性、多いですよね。

冷えによって血行がわるくなると、筋肉に酸素や栄養素が届かなくなります。
そうすると、筋肉に乳酸などの疲労物質がどんどんたまっていきます。


女性ならではのホルモンバランスの乱れ


生理前になると、肩こりや首こりがひどくなる人もいます。
これは、PMS(月経前症候群)の症状のひとつ。

それから、更年期などで卵巣の機能が低下していても、ホルモンバランスが乱れて、こりの原因となりえます。


過剰なストレス


男性並みに仕事をしたり、家事に育児や介護に走り回ったり、現代の女性は忙しすぎ。
これだと疲れて、筋肉もカチコチになってしまうのも、無理ないですよね。

ストレスを溜め込んでしまうと、自律神経の働きにも影響がでて、身体も常に緊張状態になってしまいます。


胸の重みとブラジャーの締め付け


女性の肩は胸の重みを支えるために、男性以上の負担がかかっています。

それから、肩にストラップがくいこんだり、カップのサイズが合わないブラジャーが、こりを招いていることも。


からだの負担になるファッション


肩の開いたキャミソールや、重いショルダーバックなど、おしゃれを優先するあまり、こりに悩まされるケースもあります。

薄着は身体が冷えて、血行がわるくなるし、きつい下着や重いアクセサリーは、不自然な姿勢を求めるため、こりになる可能性大です。


女性が肩こり・首こりを改善するためには?


現代の女性って、本当に悩ましいことばかりですよね……

女性はやはり、筋肉が弱くて冷えやすいため、以下のことに気をつけた方がいいですね。

1)運動をして血行を良くする
2)身体を温める
3)姿勢をよくする
4)無理なファッションをしない


肩こりの改善法については、以下の記事にもまとめています。
もしよかったら、参考にしてください。
>>>肩こりの原因と5つの解消法

それから、血行を良くしたり身体を温めるには、お風呂も効果的。
自宅で酵素入りのお風呂を体験したときのことも、記事に書いています。
こちらも参考にしてくださいね。
>>>自宅の酵素風呂で驚きのデトックス


☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーリンク
タグ