マッサージするなら入浴後?入浴前?メリットを実際に比較しました。

2017-10-22

entry75-01.jpg

 

マッサージをする場合、お風呂に入る前と入った後の、どちらがいいでしょう。

答えを先に言うと、どちらもメリットはあります。

入浴前と入浴後のマッサージでは、以下のような特徴があります。

―入浴後のマッサージ―
・血行がよくなって、皮膚や筋肉が柔らかくなるので、マッサージ効果が高い
・深い部分までほぐしやすい
―入浴前のマッサージ―
・マッサージで体液の循環がよくなってから入浴するので、デトックス効果が高い
・汗をかきやすく、むくみも抜けやすい

 

でも、正直に言うと、これはネットから得た情報です。

私自身は、これらのメリットを知っていても、入浴後にマッサージをする派だったので、入浴前のマッサージって行ったことがなかったんです。

ところが、ある日ふと思い立って、両方を実際に試してみることにしました。

入浴前と入浴後のマッサージを比較した結果やいかに……

 

お風呂に入る前と入った後のマッサージを比較

入浴前後のマッサージを比較する前に、まずは前提条件をお話しします。

私は夜中にお風呂に入ってます。そして、アロマオイルで足や首すじのリンパマッサージをするのが習慣になっています。

使っているオイルは、こちらの記事で紹介しているオイルです。

では、いつも通りのマッサージを、まずは入浴後に、つぎは入浴前に行ってみますね。

entry75-02.jpg

入浴後のマッサージ「やっぱり、やりやすい♪」

いつも入浴後にマッサージしているから、先入観もあるかもしれませんが、マッサージのしやすさが違います。

まず、筋肉がほぐしやすいです。

それから、マッサージオイルが肌になじみやすくて、手のひらを滑らせやすいです。

私は太ももがふっくらしている洋梨体系ですが、太ももを両手で雑巾のように絞っても、奥の方までぎゅっと搾れているのを実感します。

しかも、アロマオイルを使っているので、湯上りの肌の方がふわっと香って、朝まで余韻が続きます。

アロマを楽しみたいなら、やっぱりお風呂上りのマッサージですね。

入浴前のマッサージ「あれ?思ったよりもいいかも…」

入浴後のマッサージと比べると、筋肉も硬いし、肌も滑りが悪いし、正直やりにくいです……

でも、根気よく続けていると、足の先からほんのりと熱を帯びていきました。

この状態で、いざお風呂へ。

マッサージをしてから湯船に浸かると、体がすぐにお湯の熱さになじむと感じました。準備体操をしてから、プールに飛び込んだときのようです。

入浴してから汗をかくまでの時間が、いつもよりも早く、いつもよりも多く滲み出ました。

しかも、お風呂から上がったあと、びっくりしてしまいました。

いつもよりも、お肌がツルツルしているんです。

アロマオイルを塗っていたからでしょう。お風呂では水滴を弾いていましたが、オイルがスキンバリアとなって、保湿してくれたのでしょう。

入浴前のマッサージも、悪くないです。

 

マッサージは入浴後の方がほぐしやすいけれど、入浴前でもメリットあり。

入浴後と入浴前のマッサージを、実際に比較してみました。

どちらもやっぱり、メリットはあります。

オイルマッサージの場合、入浴前に行うと保湿効果が高いことも分かりました。

ナチュラルオイルをお風呂に垂らすのも、肌の乾燥防止になっていいですね。

ただ、お風呂にオイルの膜が浮いてしまうのが難点でしょうか。家族がいる場合は、注意が必要かもしれません。

個人的には、入浴後にマッサージをする方がやりすいかな……

この記事の下書きをした直後、いつも通っている整形外科のマッサージ師の方にお聞きしても、

「マッサージを自分でするなら、入浴後の方がやりやすいかもしれませんね」

と、お答えいただきました。

ただし、のぼせがある場合は、入浴前でも後でもマッサージは控えた方がいいとのことでした。(マッサージすることで、血流がよくなるため)

お家でマッサージするときの、参考にしてくださいね。

☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク