40代以降なら気になる…老眼の予防と改善につながる食べ物

2017-10-22

entry73-01.jpg

 

目がかすんだり、ぼやけたり、あるいは視力がガクっと落ちたと感じるときはありませんか?

正直なところ、40代になると老眼って気になりますよね。

目の衰えは認めたくはないけれど、着々と進んでいるのが現実です。

これから、そんな目の問題に効く、栄養素や食品について紹介しますね。

視力を回復するためにも、体内から瞳を労わってあげるのはいかがでしょうか。

老眼に良い栄養素&食品リスト

ビタミンA/ビタミンB群/ビタミンC/ビタミンE/DHA

以上の5つの栄養素は、目の健康を保つために欠かせないものです。

順を追って説明しますね。

ビタミンA:抗酸化作用

ニンジン

ビタミンAには強い抗酸化作用があります。

目の角膜や粘膜を正常に保つ働きがあります。

光を感じるための主成分である、ロドプシンの主成分でもあるんですよ。?

ビタミンAを多く含む食品
レバー、うなぎ、人参、モロヘイヤ、卵黄

ビタミンB群:代謝

エンドウ

ビタミンB群は、代謝を助けるビタミンです。

8種類が相互に働いて、作用を強めあっています。(ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン)

ビタミンB1は、視神経を活性化させて、眼精疲労を和らげる働きがあります。

ビタミンB6は、目の細胞の新陳代謝を助けてくれます。見えにくさを解消するのに、欠かせない栄養素です。

目の健康を保つためには、B2やB12も大切です。?

ビタミンB1を多く含む食品
豚肉、大豆、えんどう豆、グリンピース、玄米
ビタミンB6を多く含む食品
レバー、かつお、マグロ、バナナ、さつまいも

ビタミンC:白内障の予防

レモン

ビタミンCは、白内障の予防に役立ちます。

水晶体の酸化を食い止めて、透明度を保ってくれます。?

ビタミンCを多く含む食品
赤ピーマン、芽キャベツ、レモン、柿、キウイフルーツ、いちご

ビタミンE:血行促進

アボカド

ビタミンEには、血行を促す作用があります。

目の老化を防ぐだけでなく、目の疲れを解消するお手伝いもしてくれます。?

ビタミンEを多く含む食品
いわし、サーモン、アーモンド、かぼちゃ、アボカド

DHA:目の細胞を柔らかく保つ

青魚

DHAは脂肪酸の一種で、網膜や視神経に存在します。

細胞を柔らかく保つ働きがあり、柔らかいほど、脳に情報が伝わるのが早くなります。?

DHAを多く含む食品
青魚

 

40代以降ならルテインも要チェック

老眼に効果がある栄養素と食材について、紹介しました。

最後に、40代以降なら意識したい成分について、お伝えします。

それはルテインです。

目に映像を映すスクリーンの役目をする黄斑に、ルテインは数多く存在します。

ルテインは強い抗酸化物質で、活性酸素や有害光線から、瞳を守ってくれます。

ところが、40代を境に、急激に減少してしまうんですよね……

ルテインについて、詳しくはこちらの記事に書いています。

ルテインは、緑黄色野菜(ホウレンソウ、ブロッコリー、カボチャ、ニンジンなど)に多く含まれています。

サプリメントを活用するのも効果的ですね。

おすすめのサプリメントを、こちらで紹介しています。

 

緑黄色野菜で目の健康をキープ

老眼に効く食べ物を見てみると、色鮮やかな野菜が多いですね。

ニンジン、カボチャ、ピーマン、ホウレンソウ、ブロッコリーなど、抗酸化作用の強いものばかりです。

私も最近は、積極的に野菜を摂りたいと思っています。

夜遅くに職場から帰ってくると、キッチンに立つのも億劫な時もあるのですが、簡単な野菜料理を作るようにしています。温野菜のサラダやポトフなど、お腹にも優しいし、食べていてホッとするんですよね。

「そういえば、お野菜足りていないな…」

と、あなたも感じるようなら、食卓やお弁当に一品、付け足してみてはいかがでしょうか。

目も元気になるし、彩りにもなりますよ。

☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク