オフィスワークの場合、ストレッチをしたくても、しづらいときってありませんか?
腕をうんと横に伸ばしたくても、隣の席の人の迷惑になるかもしれないし、シンとした状況のなかだと、目立ってしまいます。
トイレに行くふりをして席を外せたらいいものの、電話連絡待ちなどで、席を立てないときなんかもありますよね……

肩こりが気になるときに、オフィスでできる簡単なストレッチを紹介します。


☆ブログランキング参加中☆
あなたの1クリックが、まほのビタミンです。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村

デスクワークで座ったままでもできるストレッチ


肩を上下させる


肩ストレッチ

まずは、猫背にならないように注意しながら、両肩をグーッとに持ち上げます。
それから、ストンと肩の力を抜きます。
それを、4~5回繰り返します。

たったこれだけのことだけど(笑)
肩回りの筋肉(特に、肩甲骨の辺りにある僧帽筋)を緊張させたあとに、脱力することによって、血液がどっと流れるのです。
そのことによって、血行がよくなり、冷えも解消されます。

肩を回すのも、何だかはばかってしまうときに、おすすめです。


首をゆっくり倒す


首ストレッチ

頭に手のひらを軽く当てて、頭の重みを活かすように、首をゆっくり倒します。
左右に10秒ずつ。これを、30分~1時間に一回くらいやってみましょう。

首すじ(赤丸)の部分に、手のひらを添えて、首を傾ける方法もあります。

肩こりというと、肩や背中のストレッチを思いがちですが、首が原因のこともあります。
首こりがある人は、特に首のストレッチも意識するといいですね。

ただし、首というのは、とてもデリケートな部位です。
無理にグルグル回したり、上をずっと向いて頸椎を痛めることはないように、気を付けた方がいいかもしれません。


足首を回す


肩こり解消のために、足首を回すの!?
って、意外に思う方もいるかもしれませんが、実は関連性がちゃんとあるのです。

東洋医学では、全身のツボは気の通り道(経絡)でつながっていると考えられています。
肩こりに関係する僧帽筋は、アキレス腱と係わっています。
アキレス腱をつまんでもんだり、じっくり伸ばすと、肩や首のコリも楽になってきます。

私も机の下でこっそり、足首を回しています(笑)
これがなかなか、気持ちいいんですよー
むくみ解消にもなるんじゃないかな?

足首ストレッチ

オフィスワークの場合は、ずっと座りっぱなしだったり、運動不足になりがちなため、どうしても肩や首が凝り固まってしまいがちです。
凝っていると感じたら、すみやかにほぐすような運動ができるといいですね。
ちょっとした工夫で、席を立たなくても、ストレッチをすることは可能です。

お昼休みや休憩のときなどにも、筋肉を伸ばしたり、深呼吸をするなどして、身体を労わってあげてくださいね。


☆まほ、ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーリンク