頭痛を気圧で予報するアプリ「頭痛ーる」。気象病対策にも使えます。

2017-10-22

?

今日は「頭痛―る」というアプリを紹介します。

このアプリは、気象予報士の方が開発したものです。

頭痛が起こりそうなタイミングを、気圧の変化からお知らせしてくれるんです。しかも、痛みが発生した時の記録も残せるので、体調管理にも役立ちます。

頭痛だけでなくて、雨の日にひどくなる肩こりや腰痛や関節痛など、気象病対策にも応用できますよ。

「低気圧になると、体調も崩してしまいがち」というあなたは、チェックしてみる価値ありです。

「頭痛―る」の使い方はカンタン

entry59-02.png
<このアプリでできること>
– 頭痛予測:気圧グラフとプッシュ通知で頭痛を予測
– 全国マップ:全国主要都市の気圧予報と天気予報をチェック
– 痛み&くすり記録:痛みの発生とくすりの服用をかんたんに記録
– 痛みノート:記録一覧表示で傾向をチェック

Google Play>>>頭痛ーる:気圧予報で体調管理 – 気象病・天気痛対策アプリ

App Store>>>頭痛ーるを App Store で – iTunes – Apple

* * *

「頭痛予測」では、気圧の変化がグラフで現わされていて、「通常」「やや注意」「注意」「警戒」とレベル分けされています。

それを見て、頭痛が起きそうなタイミングを、前もって知ることができます。

そして、いざ痛みが発生ときには、えんぴつマークをタップ。

「痛み&くすり記録」の画面になるので、痛みのレベルや薬を飲んだかを、記録します。

記録と言っても、記号をタップして選ぶだけで、文字を書く必要がないから、とても楽です。

「痛みノート」では、今まで記録を確認できますよ。

 

「頭痛―る」のココがお気に入り

私が頭痛―るを気に入っているのは、次のような点です。

1.予定や計画を立てやすく、服装も選びやすい
2.体調をくずしても、気圧のせいだと思って気が楽になる
3.キャラクターに癒される

順を追ってお話ししますね。

1.予定や計画を立てやすく、服装も選びやすい

「頭痛―る」は、6日先までの天気や気温も予報してくれるので、スケジュールを組むのに便利です。

大事な用事があるときは、やはり頭痛が起きにくい時の方がいいし、雨が降りそうなら、洋服もそれなりに準備できますよね。

2.体調を崩しても、低気圧のせいだと思って気が楽になる

天気が下り坂のときに、頭痛や肩こりがひどくなっても、いい意味で諦めもつきます。

もちろん、自分の不摂生は棚に上げて、体調不良を何でもかんでも天気のせいにするのは、自分の身体がかわいそうです。

でも、どんなに体調管理していても、どうしようもない時ってありますもんね。

そんな時は、自分を責めるよりも、いっそお天気のせいにした方が、精神衛生上いいような気がします。

3.キャラクターに癒される

キャラクターの「ふくろう博士」「マロ」「てるてるネコ」が、ゆるくてかわいいです。

頭がズキズキするとき、彼らの顔を見ていると、ほわーんと頬がゆるみます。

実は彼らには、驚愕の過去(!?)があるのですが、それはアプリをインストールしたとき、ご確認ください……

(設定→基礎知識→「博士とマロ ~キャラクター紹介~」のページです)

 

頭痛―るのココに注意

「頭痛―る」はいいアプリだと思いますが、ちょっと気を付けた方がいいかもと感じることもあります。

それは「振り回されないこと」です。

「頭痛予測」の「警戒」「注意」「通常」というレベルは、固定的ではなく流動的です。未来の予報が当日になったら、レベルが変わっていることもあります。

変わりやすい天気を相手にしているから、仕方がないことかもしれないけれど、気にしていたらきりがないですよね。

天気に翻弄される、風見鶏のようになってしまいます。

そこまで言うと、気にしすぎかな……

でも、どんなアプリであっても、「振り回されないこと」は大事だと思います。

自分を管理するのは自分。

アプリはお助け程度に考えた方が、いいのではないでしょうか。

低気圧が原因でひどくなりやすい症状について、こちらの記事でも対策法を紹介しています。参考にしてくださいね。

 

☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク