「湿布ってかぶれるし、はがれる」という方に…貼り方の裏技教えます。

2017-10-22

湿布1

 

湿布を貼っても剥がれやすくて、困ったことはありませんか?

うまく貼れても、密着させているうちに、肌がかぶれてしまうこともありますよね。

今回は、すぐにペロンとなってしまう湿布をペタっと貼って、しかも肌にも優しい裏技を紹介します。

この裏技を覚えたら、肩の辺りといった、動き回る部分にも湿布を貼れます。首のように、湿布を貼ったら目立つ部分にも、こっそり貼ることができますよ。

湿布を貼る裏技、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

湿布を細かく切ってツボに貼るだけ。なのに剥がれにくく、かぶれにくい。

―手順―
1.湿布を2センチ角くらいにカットします。
2.ツボの要所要所に貼っていきます。
3.絆創膏をかぶせるか、テーピングすると、さらに剥がれにくくなります。

 

以上が、湿布を貼る裏技です。
「えー、それだけ!?」
という声も聞こえてきそうですが、これがなかなかあなどれません。

私は元々、頸椎椎間板ヘルニアを患っていたこともあって、首が弱いのですが、大椎のツボに一枚湿布を貼っただけで、スーッと効果が感じられました。

首に大きくベタッと貼るよりも、小さくカッティングして貼った方が、動きやすいし、肌も痒くならないし、しかもお財布にも優しいと思えるほどです。襟付きの服を着てしまえば、そのまま外出することだって出来ます。

「湿布を貼りたくても、ツボの位置が分からない…」というあなたは、こちらの図を参考にしてください。

後頭部
背中

 

湿布を首に貼りたいときは、大椎天柱のツボ。肩に貼りたいときは、肩井のツボがいいでしょう。

大椎、天柱、肩井のツボについては、こちらの記事で詳しく書いています。

肩こりにジーンと効果的なツボの位置

湿布をカッティングする裏技は、さまざまな部位で応用可能。

この裏技は、頭痛のときのも効果があります。

温感湿布薬を小さくカットして、左右のこめかみ、両耳のうしろ、うなじのラインに貼ります。

ただしこれは、見た目カッコ悪いので(笑)自宅でしか行うことができません。

 

さらに、カッティングした湿布を使った、とっておきの健康法があります。

小指湿布という健康法です。

小指に7ミリ角の湿布を貼って、テーピングするだけで、自律神経が整えられて、肩こりや不眠が改善されるという方法です。

私は効果を実感して、小指に湿布をして眠るようになりました。

詳しくはこちらで紹介しています。

 

最後に注意点ですが、湿布の刺激が強く感じられたり、かぶれてしまうときは、無理に貼らないでくださいね。

頭痛や肩こりに限らず、湿布を切ってツボに貼る裏技は、他の部位でも活用できます。

湿布がすぐに剥がれて困っているときは、ぜひ試してみてくださいね。

☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク