パソコンやスマホに疲れた夜は、キャンドルセラピーがおすすめです。

キャンドルセラピーと言っても、ろうそくを灯して眺めるだけ。それだけでも、ほっと落ち着けると思います。

このキャンドルの炎には、実は二つのリラックスできる要素があります。

一つは、1/fゆらぎ。
一つは、マイナスイオン。

大自然にあふれている現象を、この小さなキャンドルからも体感することができるんです。

「そういえば液晶画面の見過ぎで、疲れているな」
と、思ったあなた。

もうちょっとだけその疲れを我慢して、この続きを読み進めてみてくださいね。


☆ブログランキング参加中☆
あなたの1クリックが、まほのビタミンです。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村

キャンドルの二大リラックス要素、1/fゆらぎとマイナスイオンについて


まずは1/fゆらぎとマイナスイオンについてお話ししますね。

どちらも、知っているようで知らない言葉かもしれませんね。

1/fゆらぎは大自然にも人の体にも流れています。


ろうそくの炎の揺らめきは、1/fゆらぎです。

この1/fゆらぎは、川のせせらぎや、海原の波、鳥のさえずり、木漏れ日、雨音、等々…自然界のあらゆるところで見られます。クラッシック音楽やヒーリングミュージックにもありますね。

どれも、人の身体にしっくりなじむような、リラックスできるものばかりです。

ところで、この1/fゆらぎ。一度は目にしたことあるキーワードだと思いますが、どういったものかは知っていますか?

とても簡単に言ってしまうと、「不規則なもの」と「規則的なもの」が調和している状態です。

たとえば風は、強くなったかと思えば弱まったりして、不規則に吹いているように見えますね。でも、風の速さや音の変化を調べてみると、ある規則にしたがって変動しているのがわかります。

これが、「ゆらぎ」と呼ばれているものです。

そして、そよ風をパワースペクトルというグラフに現わすと、きれいな1/fゆらぎを示します。

ちなみに、私たちの体内で高鳴っている心拍音にも、1/fゆらぎがあります。

それを思い出させてくれるのが、キャンドルセラピーかもしれません。

たとえば、私はパソコンやスマホに熱中していると、呼吸を忘れてしまっているような錯覚におちいることがあります。

それでも、キャンドルの炎を見つめていると、身体が本来のリズムを取り戻していくのが感じられます。

あなたにもこの感覚、味わってほしいです。


マイナスイオンは空気を中和します。


ろうそくを灯すと、微かな水分が発生します。

そこからマイナスイオンが放出されて、部屋中に満ちていきます。

マイナスイオンとは、マイナスの電気を帯びている分子の集合体のこと。

パソコンやスマホの電磁波などで、プラスイオンに片寄っている空気を、中和してくれるのがマイナスイオンです。

キャンドルから放出されるマイナスイオンは、20000個/cmと言われていて、森林や滝から放出される3500~5000個/cmを上回ります。

もちろん、森林や滝の方がキャンドルよりもはるかに大きいため、マイナスイオンの全体量もはるかに多いと思いますが…

あんなに小さなキャンドルから、こんなにマイナスイオンが発生するなんて、びっくりですよね。

お家にいながら、森林浴気分や、滝のみずみずしさを体感できるのが、キャンドルセラピーです。


1/fゆらぎやマイナスイオンだけじゃない。キャンドルはカラーセラピーにもなります。


ろうそくの炎には1/fゆらぎがあり、ろうそくが燃えるとマイナスイオンが放出されることをお話ししました。

1/fゆらぎも、マイナスイオンも、大自然とのつながりを感じさせるものです。

でも、それだけがキャンドルの魅力ではありません。キャンドルはカラーセラピーにもなるんです。

キャンドルの炎は色温度が低いため、液晶画面のブルーライトで疲れてしまった目にも優しいです。

それから、炎のオレンジ色は、開放感をもたらしたり、緊張感をやわらげるといった心理効果があります。血行を良くする力もあるため、肩こりや首こりにもいいんですよ。

オレンジ色のカラーセラピーについては、こちらの記事でまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

>>>ビタミンカラー効果で健康的になろう


キャンドルセラピーは、「○○しながら」でもOK。日々の生活に取り入れて


キャンドルセラピーが何故リラックスできるのかをお話ししました。いかがでしたか?

パソコンやスマホを夜遅くまでつけっぱなしにしていると、自律神経も乱れやすくなりますし、ブルーライトの影響で眠りにくくなってしまう恐れがあります。

ネットに疲れてしまったと感じたら、早めにスイッチオフを。

そして、キャンドルの灯りで、ゆっくりのんびり過ごすことをおすすめします。

炎をじっと見つめるのもいいですが、リラックスできることを同時に行うのもいいですね。

たとえば、こんなことはいかがでしょうか?

―キャンドルを灯しながらできること―

・1/fゆらぎのあるような、静かな音楽を流す。

・ハーブティーを飲む(ただし、飲みすぎはむくみの原因になるので、ほどほどに)

・お風呂に入り、湯上りにストレッチやマッサージをする(肩こりや首こりのケアにもおすすめです)


アロマキャンドルだったら、なおいいですね。アロマセラピーにもなります。

ろうそくを灯すだけで、癒されるキャンドルセラピー。日々の生活にぜひ取り入れてみてくださいね。

* * *

パソコンやスマホに疲れ切ってしまったときは、デジタルデトックスはいかがでしょうか?詳しくはこちらの記事から、ぜひどうぞ。

>>>パソコン・スマホ疲れに、プチ・デジタルデトックスのすすめ


☆まほ、ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーリンク
タグ