この眠気は首こりのせい?オフィスでできる対策法

2017-10-22

entry34-001.jpg

 

「首こり」と「眠気」

この二つの症状は、関連性がなさそうに見えますが、全く無関係とは言えません。

首の凝りがひどいと、首の筋肉が緊張して、自律神経が乱れやすくなります。つまり、リラックスするための副交感神経が上手く働かないので、ぐっすり眠ることが難しくなります。

質のいい睡眠が取れないと、日中ついつい睡魔に襲われるなんてこともあり得ます。

デスクワークの人は特に、心当たりがありませんか?パソコンと顔を突き合わせているうちに、首の辺りが痛くなって、くらっと眠たくなること。

この困った状況を解決するには、どんな対策法があるでしょうか?

 

デスクワークで簡単にできる3つの眠気覚まし方法

1.姿勢を正す

頭が重くて眠いなと思ったら、まずは姿勢をまっすぐ正すことをお勧めします。

デスクワークをしている人のなかには、パソコンを見続けているうちに前のめりになって、首が前に傾いている人もいるのではないでしょうか。

人の頭は約5~6キロあるので、その重さがその傾いた首にズシッとのしかかっていることになります。大きなペットボトル2本以上の重さが首にかかるなんて、相当疲れると思いませんか?

首への負担を軽くするためにも、椅子に深く腰かけて、背筋をまっすぐに伸ばして、正しい姿勢を心がけてみてください。

私が眠気を覚ますのによくやっているのは、一瞬だけ、椅子を高くすることです。そうすることで、視野がパッと開けて、姿勢もシャンと伸びるので、眠気と姿勢の両方の対策になります。

ただ、ずっと椅子を高くしたまま座っていると、かえって猫背になるし、周りの視線も気になるので(笑)

目が覚めたら、早めに椅子を元の高さに戻しましょうね。

じゃあ、どういう姿勢で座ればいいの?というあなたは、こちらを参考にしてみてください。

 

2.体内に酸素を取り入れる

立ったり歩いたり、軽くストレッチをしたりして、頭からつま先まで酸素たっぷりの血液が行き渡るようにしましょう。

ずっと座り仕事だと、血の巡りが悪くなるので、酸欠状態になりやすいです。酸素が不足していると、頭もボーっとして、ウトウト眠くなってしまいますよね。

ただでさえオフィスは、二酸化炭素が溜まりがちです。大勢の人がいるうえに、空気の流れもよくないからです。

気分転換もかねて、窓を開けたり、外に出るのもいいですね。深呼吸をして、眠気もさっぱりさせましょう。

私は趣味でコーラスをやっている関係で、会社でも腹式呼吸をすることが多いです。

腹式呼吸、いいですよ。

新鮮な空気が身体中をかけめぐると、細胞がパッと目覚めます。

 

3.昼休みや休憩時間に仮眠をする

お昼ごはんを食べた後は、どうしても眠くなりがちですよね。

お昼休みに10分間ほど、目をつむって仮眠をしただけでも、午後からの仕事のはかどり方が違います。

ただここで、注意したいことがあります。頭をガクッと前に垂れて、首を痛めるような姿勢で眠るのはやめてください。首が凝ってしまうからです。

なるべく首も休めるような姿勢で、仮眠をするようにしてくださいね。

*  *  *

オフィスでの眠気の対策法を3つ紹介しましたが、いかがでしょうか?

カフェインを含んだ飲み物を口にしたり、ミント味のガムを噛んだり、刺激の強い目薬を差すといった方法もありますが、これらの方法は一時しのぎで、根本的な解決法ではありません。

まずは睡眠リズムを整えることからはじめて、それでもどうしてもデスクワークで眠くなったら、上の3つの対処法を試してみてくださいね。

次回は不眠対策について紹介しています。

夜なかなか眠れないというあなたは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク