首こりからうつ病になる?頚筋性うつに要注意

2017-10-22

首こりうつ

 

私は昨年の夏に、頸椎椎間板ヘルニアにかかっていました。

頸椎というのは、首の部分の骨のことで、ヘルニアになってからは首が凝って仕方がなかったです。

肩こりで悩んでいる人は多いと思いますが、首こりで悩んでいる人の話はあまり聞きません。ところが首こりって軽視するには危ない症状で、場合によっては「うつ」になるかもしれないのです。

今回は「首こり」と「うつ」の関係について、そしてそれを予防するにはどうすればいいか、お話ししたいと思います。

 

首こりが原因で自立神経失調症やうつ病に?

首は、脳と身体をつなぐ重要なポイントです。

そこには自律神経が複雑に走っています。

自律神経には二種類あります。

ひとつは、アクセルの働きをする、交感神経。
もうひとつは、ブレーキの働きをする、副交感神経。

身体の活動にかかわる交感神経と、休息にかかわる副交感神経が、バランスよく働くことで、健康を保つことができるのです。

ところが首が凝って自律神経のバランスが崩れてしまうと、交感神経が優位になり、副交感神経が働かなくなってしまいます。アクセルを踏みっぱなしで、ブレーキが効かなくなっている自動車を想像すれば、わかりやすいでしょうか。

そうすると、自立神経神経失調症に陥りやすくなって、慢性的な疲労や、動悸、眩暈といった症状が出てきます。

さらに悪化すると、「うつ」になる可能性だって、出てきます。

 

頚筋性うつを予防するには姿勢を正すこと

首こりが原因で起こるうつ症状は、「頚筋性うつ」と呼ばれるものです。

最近は、うつ病で悩む方も、多くなってきましたね。

実は首こりも、うつ病が世間に広がる原因となったひとつと言われています。ちょうどIT化が進んだ時期と、うつの患者さんが増えた時期は一致していて、どちらも2000年代からです。

前傾姿勢でパソコンに向かったり、猫背になってスマホをいじったりすることで、首に負担がかかって、心身に影響を及ぼしていると考えられます。

あなたは、首が凝って、心まで憂鬱になっていませんか?

うつの症状を感じたら、まずは顔を上げて、胸を開いて、姿勢を正してみてくださいね。

私もパソコンなどに集中しているときは、時々我にかえって、首から姿勢を直すようにしています。

首こりがあまりにもひどい場合は、無理をしないで、病院に相談した方がいいかもしれません。

お互い心も身体も、大切にしましょうね。

☆ブログランキングに参加中☆
今回の記事は、あなたのお役に立てましたか?
応援のクリック、励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク